コンテンツマーケティングをうまく活用するコツについて解説

BUSINESS

こんにちは、けいとです。

今回は

  • コンテンツマーケティングとは?
  • 良質なコンテンツの条件
  • いいコンテンツを作るコツ

このあたりについて解説していきます。

コンテンツマーケティングとは?

まず簡単に

  • コンテンツとは
  • コンテンツマーケティングとは

この2つについて解説していきます。

コンテンツとは

コンテンツとは、「中身・内容」を意味する言葉で、主にブログやSNSなどの発信される情報のことをいいます。

コンテンツマーケティングにおけるコンテンツとは、発信者が消費者に対して発信する自身の商品やサービスに関連する情報のことです。

インターネットを使ってサービスでコンテンツという言葉を使うイメージがありますが、

飲食店であれば、料理・内装、美容院であれば、髪を切ること

これらすべてがコンテンツになります。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、ターゲットとなるユーザーに対し、価値のあるコンテンツを発信することでユーザーを惹きつけ、最終的に商品やサービスを購入してもらうための戦略的なマーケティングアプローチのことをいいます。

少し難しい言葉での説明になってしまいましたが、簡単にいうと、必要としてそうな顧客に対して、有益な情報を発信していくということです。

良質なコンテンツの条件

良質なコンテンツの条件は2つ。

  • ターゲットに必要な情報を与えているか
  • 誰にでもわかるように伝えているか

順に解説していきます。

ターゲットに必要な情報を与えているか

「こんなの当たり前でしょ!」と思うかもしれませんが、かなり重要なことです。
まったく必要としてない人に対して情報を発信してもなんの意味もありません。

できてるようで、できてない人が多いです。

その人がどんな悩みを抱えていて、どんな情報を必要としているのかをしっかり洗い出すことが大切です。

誰にでもわかるように伝えているか

必要としている人に対して、必要な情報を与えていたとしても、それが伝わってなければ意味がありません。

専門用語をとりあえず並べてみたり、文章がめちゃくちゃだったりすると、ユーザーにコンテンツがうまく伝わらず、購入までつながらなくなってしまいます。

なので、誰が見ても理解できるような言い回しを心掛けることが大切です。

いいコンテンツを作るコツ

いいコンテンツを作るコツは3つあります。

それが以下のとおり。

  • 文末を疑問形にする
  • 擬音を使って文章を複雑にする
  • ネガティブ要素を加える

順に解説していきます。

文末を疑問形にする

これはブログのタイトルをつけるときなんかに使えるコツです。

「ブログで稼げるようになる方法」
「ブログで稼げるようになる方法を知りたくないですか?」

この2つのタイトルを見たとき、後者の方がついクリックしたくなると思います。

ただ単に、文末を疑問形にしただけで、「ちょっと気になるな」と思わせることができるのです。

擬音を使って文章を複雑にする

例えば、

「このクッキーおいしいです」
「このクッキー、外はパリパリで、中はしっとりしていておいしいです」

この2つの文章を見たとき、後者の方が長くて複雑な文章ですが、クッキーのイメージがしやすいと思います。

このように、擬音を文章に入れることによって、より相手がイメージしやすくなります。

ネガティブ要素を加える

ブログを書くときや、プレゼンなどで活用できる方法で、最初に期待させ、一度ネガティブ要素を入れて気分を下げる。

そのあとさらに期待させるという方法です。

よくいいところばかり伝えてもダメだと言われますが、本当にその通りで、一度ネガティブが情報を伝えることで、「本当にいいものなんだ」と認知してもらえます。

まとめ

ということで、今回は

  • コンテンツとは?
  • 良質なコンテンツの条件
  • いいコンテンツを作るコツ

この3つについて解説してきました。

自分の商品・サービスを売るためには、こういったコンテンツマーケティングが重要になってきます。

自分のできることから少しずつ始めていきましょう!