【後方プランニングとは?】目標達成率が格段に上がる方法を解説

LIFESTYLE

こんにちは、けいとです。

あなたは、目標を設定するとき、目標に向けて計画を立てるとき、どのように立てているでしょうか?

今回は、モチベーションのが高く保てて、かつ達成率が上がる目標設定、計画の立て空について解説していきます!

それではいきましょう!

2つの目標の立て方

目標の立て方には2つあります。

  • 前方プランニング
  • 後方プランニング

計画の立て方によってモチベーション、達成率がが大きく変わってきます。

前方プランニング

これは、目標に向かって計画を立てていく方法。例えば、ダイエットをしようと考えたとき、

「1ヶ月に1キロずつ体重を落としていこう!」

といったように、目標に対して現在から予定を立てていくやり方です。

後方プランニング

これは、目標から現在に向かって予定を立てていく方法。先ほどと同じ例で、ダイエットをしようと考えたとき、

11ヶ月後にはどうなってるのか、10ヶ月後は、9カ月後は…

といったように目標から逆算していっ現在につなげていく予定を立てていくやり方です。

どちらが効果的なのか?

ほとんどの人は前方プランニングで目標を立てています。

短期目標の場合は前方プランニングでも後方プランニングでも大して変わらないので問題はありません。例えば、1週間後の目標、1か月後の目標など。

ところが、ダイエットのような長期的な目標、ビジネスを立ち上げたり、何かの開発を行ったりなど複雑な目標など、

こういう場合は後方プランニングのほうがモチベーションが上がり、プレッシャーも減り、達成率が上がると言われています。

この場合、他人が計画を立てても変わないという結果も出ています。

会社だったら上司が計画を立てて部下に指示を出したり、学校だったら先生が計画を立てて子ども達にやらせても、効果は同じだという結果も出ています。

なぜ後方プランニングのほうが効果があるのか

逆算していったほうが、ゴールが具体的になり、やる気が出るからです。

前方プランニングだと、一年後に目標を達成できてる自分が想像できませんが、後方プランニングだと、目標を達成している自分から立てていくので、リアリティが増すのです。

まとめ:後方プランニングで目標を立てていこう!

ということで今回は、目標を達成しやすくする目標の立て方について解説していきました。

目標の立て方によってこんなに変わるのって意外ですよね!

せっかくここで知ることができたので、自分の将来についてもう一度考え直してみてはどうでしょうか?