高校生は部活とバイトどっちをやったほうがいいのか

LIFESTYLE

「春から高校生になるけど、部活に入ったほうがいいの?それともバイトを始めたほうがいいの?」

なんて迷ってる人も多いのではないでしょうか。

僕自身、高校時代はずっと部活をやっていて、バイトは大学生になってから始めました。

そんな僕の経験も踏まえながら、部活かバイトを迷っている学生に向けて

  • バイトと部活はどっちのがいいのか
  • 部活のいいとこと
  • バイトのいいところ

このあたりについて話していこうと思います。

部活とバイトどっち?

結論から言うと、部活に入ったほうがいいと思います。

バイトは大学生になってからでもできますし、正直バイトで学べるものはこれといってありません。

「社会経験になる」なんて言いますが、一年ほどバイトをしてきて社会経験が学べたと思ったことは一度ありません。

なので、高校生のうちはバイトをするよりも部活の経験を積んでいったほうがいいと思います。

高校の部活は一生に一度だけ。

こんな偉そうなこと言ってきましたが、一番は自分がやりたいことです。

単なる個人の意見でしかないので、聞き流してくれて全然OKです。

部活とバイトいいところ

ここからは部活をしていたときの話とバイトについてのお話をしていこうと思います。

部活

部活をやっていてよかったことは

  • 友達が増える
  • 強い絆が生まれる
  • めっちゃ楽しい

こんな感じです。

現役のときは練習はきついと思うし、辞めたいと思うこともあります。

でも、振り返ってみるとすごくいい経験をしたなぁと思います。

バイトのいいところ

続いてバイトのいいところは

  • お金がもらえる
  • 人脈が広がる

このあたりかなぁと。

やっぱり一番は給料がもらえることですね。

自分で稼いだお金ですし、親からもらうお小遣いと比べてたくさんのお金がもらえます。

また、普通に学校に行ってるだけだったら出会わなかった人と出会えるところです。

他校の人と友達になれたり、先輩や社員さんのお話が聞けたりという経験ができます。

まとめ

最初に「バイトより部活のほうがいい」と言いましたが、決してバイトがダメと言ってるわけではありません。

どちらもいい経験になると思います。

あくまでもアドバイスでしかないので、自分の人生、自分のやりたいことをしましょう。