【インプットの質が変わる!】インターネットで正しく情報収集するコツを解説

LIFESTYLE

こんにちは、けいとです。

インターネットにはいろんな情報が存在しています。あなたは正しい情報を理解している自身はありますか?

おそらくほとんどの人は正しい情報をインプットできてないと思います。

そこで今回は、インターネットで正しく情報収集するコツについて解説していこうと思います!

本記事はこちらの書籍:『僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意』を元に解説しています。

ネットの三原則

インターネットでの情報収集について3つの原則紹介します。この原則を理解しておくことで今後のネットでのインプットの質が変わってくると思います。

原則①:ネットは上級者のメディア

ネットは上級者のメディアです。情報の選別にはかなりの知識とスキルが必要になり、正しい情報かどうが判断できません。

いまの時代、若い人はみんなインターネットを利用していますが、正しい情報をインプットできている人は少ないと思います。

たくさんの情報の中から、どれが正しい情報か判断するにはそれなりに知識を持っていないと難しいのです。

原則②:ネットでの情報収集は効率が悪い

ネットでの情報収集は効率が悪いです。ネットにはたくさんの情報が存在します。中には、間違っているものがあったり、でたらめな情報も存在します。

それを自分自身で情報の重要度を判断しなければなりません。ネットというのは便利なように見えて、こうした効率の悪い部分のあります。

原則③:ネットにはプリズム効果がある

プリズム効果とは、特定のものだけが大きく見えたり、別のものが見えなくなったりするというものです。

人は自分の経験に基づいて情報を判断しがちになので、本質的な部分を見逃していたりなんてことがあります。

こうした情報の捉え方をなくすためには、基礎知識を身につける必要があります。

基礎知識を身につけるには

3つの原則を見てもらってわかるようにネットの情報を正しくインプットするには基礎知識がないといけません。

この基礎知識を身につける一番いい方法は、本を読むことです。本での知識は基礎中の基礎ということです。

高校の授業の内容を理解するためには小学校で習う基礎知識が必要ですよね?ネットの情報でしかインプットしないということはいきなり高校の授業を受けてるのと同じです。

なので、基礎知識を身につけるためには本を読むのが一番いいです。

SNSの上手な使い方

 

ネットでの情報をいうと一番使うのはSNSです。SNSの強みは大きく2つあると思います。

一つは、リアルタイムで情報を得ることができること、もう一つは、影響力のある人、有名人のマインドを簡単に知ることができることです。

こうやってSNSにしかない強みはあります。

ですが、SNSは誰でも簡単に発信できるので、間違った情報、個人的な偏見での発信が多くみられます。

なので、正しい情報を得るという点では少し難しいところかなぁと思います。

SNSを上手な使い方は、インプットではなく、アウトプットをするということです。

いまの時代、これからの時代は、自分から発信していくことが重要です。正しい日本語で、誰でもわかる文章を書くという作業が自分のスキルアップにつながります。

まとめ

ということで今回は、インターネットで正しく情報収集するコツにお話ししてきました。

いまは誰でも簡単にインターネットに接続できる環境で、情報がたくさん存在しています。その中で、正しい情報を判断できるかできないかは、自分自身だと思います。

間違った情報に振り回されないためにも、しっかりインターネットに向き合うことが重要ですね(^_^)