1つのスキルでは価値なし【1/100よりも1/10000の存在】

LIFESTYLE

こんにちは、けいとです。

いま副業時代ということで、いろんな人がスキルを身につけていますよね。

でもよく考えてみてください。

周りと同じようにスキルを身につけて成功できるでしょうか?

ということで今回は、どうやってスキルをつけていくべきかというテーマに沿って解説していこうと思います。

1つのスキルでは価値なし

大リストラ時代突入?

これからどんどん人が必要なくなり、リストラされていく時代になっていきます。

というか、コロナの影響もあり、すでにリストラが増えていますよね。

そんなこともあり、いまいろんな人が「スキルをつけよう!」と言っています。

スキルを付けるにも、少し考えて行動しないとなんの意味もないのです。

「なら誰よりも詳しくなればいい」と考えてるかもしれませんが、
そうなるのに多くの時間がかかるし、すでに詳しい人はたくさんいます。

そんなところにわざわざ身を投げる必要があるでしょうか?

特化して敵わないなら、より多くの武器を持てばいいのです。

なんでも打ち抜く最強も銃を作るのではなく、そこそこの完成度でいいから銃と盾と剣と、より多くの武器を持とうということです。

ひとつのスキルを身につけても1/100の存在

これだけ「リストラ時代」とか「スキルを付けよう!」って言われたら、バカでもスキルを付けてきます。

そうなると、みんな同じスキルをつけることになりますよね。

そんな中で、自分も同じようにスキルを付けていて周りと差をつけることはできるでしょうか?

プログラミングだけ、ライティングだけのスキルを持っていても大勢の中に埋もれるだけで意味がないのです。

それでは1/100の存在にしかなれません。

スキルを組み合わせて1/10000の存在になる

ここまで述べてきたように、1つのスキルでは価値はなく、1/100の存在です。

スキルを組み合わせて1/10000の存在にならなければいけないのです。

まったく関係ないスキルをつけよう!

もうひとつスキルをつけようと考えたとき、なるべく関連することをやる人が多いと思います。

もちろん悪いことではありません。

ですが、多くの人は続かないと思います。

同じようなことをずっとやっていてもつまらなくなるからです。

どうせなら楽しいことをやってスキルを身につけましょう!

ブログをやりながら作詞をしてみたり、プログラミングをやりながらトークスキルを身につけたり。

まったく関係ないようなことでも、いろんなことをやってみることで、そこで出会った人から仕事につながることもあるかもしれません。

なのであまりバカにできないんですよ!

とにかく自分がやりたいことをやること。これに限ります。

専門家よりもオールラウンダー

なにかひとつに特化するというものいいですが、いまの時代は80点だけどいろんなことができる人が強いです。

お金にならなくても、自分が本当にやりたいと思えることをとにかくやってみること。

80点くらいまでできたら、他に挑戦すること。

成功するためにはこうやっていろんなことに挑戦することが大切です。

では。