起業に必要なたった3つのこと

BUSINESS

こんにちは、けいとです。

いまはずっと同じ会社に勤めて安定とは言えない時代になってきています。

つまり、自分で稼ぐ、起業するということが必要なのです。

起業とか難しくてできないよ

こう思う人が多いと思います。

今回は、起業に必要なこと、どう行動をしていけばいいのかを解説していきます。

起業するのに必要なこと

先日こういったツイートをしました。

ツイートにもあるように、起業と聞くと、資金のこととか手続きとかいろいろ難しいイメージがあると思います。

ですが、安心してください。起業というものをそこまで難しく考える必要ありません。

起業に必要なことはたった3ついいのです。

その3つはこちら。

  • 自分の商品を持つ
  • 自分でメディアを持つ
  • 商品をメディアに流す

ひとつずつ解説していきます。

自分の商品を持つこと

起業をするということは、自分の商品を持たらければいけません。

自分の商品とは一体なにか。

分かりやすいところでいうと、飲食店らな料理、アパレル業なら洋服。このあたりですが、これらは在庫を抱えなければいけないのでかなり難易度が高いです。

どんな商品を持てばいいのか

それは、在庫を持たない商品を持つことです。在庫を持たない商品と言われてもあまりピンと来ないと思います。つまり、自分の知識・経験これを商品にすればいいのです。自分という存在を商品にするということです。

自分が持っている知識、いままで経験してきたことを提供する。これも立派な商品です。

自分は何が得意なのか、どんな生活をしてきたのか、一度振り返ってみましょう。

自分でメディアを持つこと

メディアという言葉はよく聞くと思います。直訳すると、手段・媒体という意味ですが、一般的には情報伝達をする媒体という意味で使われます。

情報を伝達する媒体とはなにか。

起業して情報を伝達すると聞くと、テレビCMとか大きな広告をイメージするかもしれませんが、そんなものは必要ありません。

いまはSNSがあります。自分でアカウントを持つこと、それだけでメディアを持つことができます。

自分でメディアに流す

自分の商品、自分のメディアを持ちました。次にやることは、自分の商品をメディアに流すということです。

自分が持ってる知識や経験をTwitterでつぶやく、趣味の写真をInstagramに載せる。つまり、発信活動をするということです。

いまはSNSを利用している人がたくさんいます。SNSの拡散力はすごいのでかなり効果的です。

どうでしょうか。ここまでのステップでお金を使ったり、面倒な手続きをする機会はあったでしょうか。

そうなんです、起業をするにあたり、お金も面倒な作業も必要ないのです。自分の商品を持つのにお金はかからないし、SNSのアカウントを作るのはすぐだし、情報を流すのも無料なのです。

起業と聞くと難しいイメージですが、起業のスタートこれだけ簡単なのです。

じゃあ、何から始めればいいの?

ではここからは具体的になにから始めればいいのか、解説していきます。

自分の商品を持つということはわかったと思います。自分の知識や経験をどのように商品化していけばいいのか。それは、ブログを書く、YouTubeを撮ることです。

文章を書くのが下手でも、話すのが下手でも大丈夫です。誰でも最初はヘタクソ。とにかくどんどん商品を作っていきましょう。

僕はブログを始めて約2ケ月ですが、初期のほうの記事はかなりめちゃくちゃです(笑)

次にSNSでどんどん発信することです。

フォロワーにとって有益な情報を発信していくことが重要です。とはいっても、そんな有益な情報なんて流せないよと思うかもしれませんが、大丈夫です。

自分が勉強したこと、インプットしたことを発信していけばOKです。自分のアウトプットする場としてSNSで発信していきましょう。

まとめ

ということで今回は、起業に必要なこと、起業するためにどんな行動をすればいいのか解説してきました。

起業は難しいというイメージをなくして、いろんなことに挑戦してほしいなと思います。