【1日10ツイートは余裕】ツイートの内容の見つけ方

SNS

ネットビジネスをやっている人はみんなTwitterを活用していると思います。

最近Twitterを始めたばかりで、「何をツイートしたらいいかわからない」なんて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ハッキリ言うと、これはただの言い訳です。

ツイート内容は自分の周りいろんなところに転がっています。

それを見逃しているだけ。

そこで今回は

  • ツイートの内容の見つけ方
  • ツイートの仕方

について僕が実際にツイートした内容を例にお話ししていこうと思います。

ツイートの内容の見つけ方

一番大切なのは内容です。

フォロワーにとって有益な情報をツイートするのは大前提。

自分のプライベートなことをツイートするのはNGです。

これはダメな例。

このツイートは僕がTwitterを始めたころにしたものです。

なんの影響力のない人がプライベートなツイートをしても誰も興味がないのでやめましょう。

ツイートの内容を見つけるためのポイントは3つあります。

  • 本を読む
  • 日常生活でメモを取る
  • インフルエンサーのツイートをパクる

本を読む

ネットビジネスに手を出している意識の高い方なら本は結構読んでいるのではないでしょうか。

もしあまり読んでいない人がいるならぜひ読んでください。

まず最初のポイントは、本を読んで学んだこと、気づいたことをツイートしていくことです。

このツイートは実際に僕が本を読んで学んだことをツイートしたものです。

後で説明しますが、一言自分の意見、感想を加えるとオリジナリティがでて質のいいツイートができます。

日常生活で常にメモを取る

僕は日ごろから気づいたことがあったらメモを取るようにしています。

僕がメモを取るようになったのは、「メモの魔力」という本を読んでからです。

こちらの記事:「絶対に読んでおいたほうがいい本3選」で紹介しているので興味がある人は見てみてください。

僕は生活にメモを取り入れたことでかなり変わりました。

「あのお店の看板がきれいだなぁ」とか。

ホントに些細なことでOKです。

普段なら見逃してしまうところに気づくことができるのでツイート内容に持ってくることはいくらでもできます。

これは実際に僕が生活している上で気づいたことをツイートした内容です。

こうした内容は自分が経験したことがもとになっているので説得力が増すと思います。

インフルエンサーのツイートをパクる

ここでいうパクるというのは丸パクりという意味ではありません。

インフルエンサーのツイートの内容を自分なりにかみ砕いてツイートをすることです。

それが難しい場合は引用リツイートなんかもおすすめです。

インフルエンサーのツイートに自分の意見、考えを一言加えてツイートする。

インフルエンサーの言っていることは説得力があるのでツイートの質が上がります。

ツイートを考える時間を作る

なんとなく思いついたことをツイートするのもいいのですが、ブログを書くのと同じくらいTwitterに向き合うことが大切です。

寝る前に、「明日何をツイートしよう」としっかり考えて、メモしておきましょう。

最近僕は1日10ツイートを目安にしているのですが、前日の夜に次の日のツイートを5つほど用意しています。

あとの5つはそのとき思いついたことを呟く感じ。

このくらい本気でツイートを考える時間を作るとアイデアが生まれてきます。

ツイートの仕方

次にツイートの仕方についてお話しします。

これもかなり大事な部分になってきます。

ただ文字を並べているだけでは読むづらいのやめましょう。

実際に僕ははある程度ツイートの型を決めています。

それは、「事実」「理由」「感想」の順に述べることです。

これは本を読んで学んだことをツイートしたものです。

このツイートをもとに先ほど述べた3つの型に分けていきます。

世界のエリートたちは情報交換を朝に行うそうです。」 ← 事実

気軽にセッティングでき、短い時間で効率良く話ができるから。 」 ← 理由

早起きの習慣が身についたり、朝のラッシュを回避できたりと、気持ちよく1日がスタートできそうですね」 ← 感想

こういった風に分けられます。

文章がまとまっていて読みやすいと思います。

改行を行うことで見やすいですし、絵文字をちょこっと加えるのもポイントです。

まとめ

ツイートの内容を見つけるにあたって学んだこと、気づいたことをメモは絶対にしたほうがいいです。

自分の中で整理することができますし、ツイートの内容になんて困らないと思います。

まずはメモする習慣を取り入れることをおすすめします。